ホットヨガの流行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホットヨガは、アメリカのビクラム・チョードリー氏が発案したハタヨガの方法です。


ホットヨガは、アメリカでは「ビクラム・ヨガ」と呼ばれ、70年代初めのサンフランシスコから始まりました。
ホットヨガは蒸し暑い部屋で行うため、体が柔らかくなります。そのため、ホットヨガは、普通のハタヨガよりもはるかに、筋肉や関節を傷めにくく、難しいポーズも取りやすいという利点があります。ホットヨガはそれだけでなく、蒸し暑さによって大量の汗をかくので、体の老廃物を排出することもできます。もちろんハタヨガの本来の効果も期待できるので、次第にアメリカ人の間に浸透していきました。
ホットヨガは、ニューヨークやロサンゼルスなどにおいて、ハリウッド俳優やスポーツ選手などのセレブの間で人気を博したことにより、さらに流行に拍車がかかりました。もちろんホットヨガの流行の波は日本にも押し寄せ、今では日本でもホットヨガを行う人が増えてきています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る