アロマセラピーの歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アロマセラピーのアロマとは「芳香」、セラピーは「療法」という意味です。
 アロマは最近、ヒーリングの方法として注目を集め、ブームとなっています。


 アロマセラピーで使われる植物のエッセンス「精油」の歴史は古く、ピラミッドから発見されたミイラの包帯は、防腐処理のためにミルラという精油に浸されたものが使われていました。
 古代ギリシャでは、アロマのエッセンスは病気予防のために炊いたり、風呂に入れたりして使われています。マッサージも推奨されていたので、病気予防の目的以外でもヒーリング効果があったと思われます。
 1000年代になると、蒸留法によってエッセンスを抽出できるようになり、1600年代では精油の殺菌消毒作用に注目が集まって民間療法で活発に使われました。
 アロマセラピーという言葉は、1920年にフランスの科学者が作ったものです。
 彼は、実験中に火傷を負い、とっさにラベンダーの精油をかけたところ跡形もなく傷が治り、精油の研究のきっかけを作りました。
 アロマセラピーは、心身のバランスを取り健康を回復する民間療法として、心身を深くリラックスさせるヒーリングとして、医療に美容に発展しながら使われていっています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る