老人ホームの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老人ホームには、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)、軽費老人ホームなどがあります。


養護老人ホームとは、自宅での養護・介護を受けることが難しい高齢者のための施設。養護老人ホームの入居申込みは、養護老人ホームの施設自体ではなく市町村に対して行います。
特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)とは、常時介護を必要とする65歳以上の高齢者で、自宅で介護することができない事情がある人のためのものです。
軽費老人ホームとは、低料金(無料の場合もある)で入所できる施設で、食事の提供など日常生活を支援するためのものです。
老人ホームと一口にいっても、入居できる資格や受けられるサービス内容等はまったく異なるので、ニーズに合ったものを選びましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る