介護・福祉関係の仕事に就職するためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護・福祉関係の道への就職や資格取得は、急速に高齢化社会が進んできていることもあって、さまざまなニーズがあり、社会の関心も年々高まってきています。


介護施設への就職は、お年寄りや介護が必要な人たちをを支え、手助けするためのもの。そのため、生きがいややりがいを感じて就職を目指している人も多いのです。
ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー)、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、看護師(訪問看護師)、介護保険事務等さまざまな職種がありますが、基本的には、介護・福祉
サービスを必要としている高齢者や障害者などを、専門的な知識や技能によってサポートするのが仕事です。
ただ、対人サービスなので、体力や精神力も必要とされ、ハードな一面もあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る