アロマセラピー(芳香療法)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アロマセラピーとは日本語で訳すと「芳香療法」という意味です。


アロマセラピーは自然療法であり、それぞれの人が持っている本来の自然治癒力や抵抗力を高めます。
芳香植物の持つ天然物質を抽出したものが精油(エッセンシャルオイル)で、アロマセラピーではこの天然100%の精油を用いて心と体を癒します。
アロマセラピーで用いる精油はそれぞれが独特の芳香を持っていますが、匂いは精油に含まれる分子によるものです。
アロマセラピー(英語;Aromatherapy)はアロマテラピー(仏語;Aroma thrapie)とも言います。
アロマセラピーという言葉は1973年、フランスのガット・フォセによって作られた、ギリシャ語からの造語です。
1980年代、イギリスのロバート・ティスランド氏著である『アロマテラピーの理論と実際』の訳本が日本に入ってきたことから、日本では美容やリラクゼーション目的のイギリス式アロマセラピーが普及しています。
日本におけるアロマセラピーは医療としての位置づけがまだされていませんが、医療現場では少しずつ取り入れられてきています。
アロマセラピーは精神安定剤のような副作用の心配はありません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る