アロマセラピーはなぜ効くのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アロマセラピーはなぜ効くのかというと、脳、血液、肺、皮膚などを通してからだに取り込まれるからです。まずはからだのメカニズムについて知るところからはじまります。


わたしたちは目で見る、耳で聴く、鼻で嗅ぐ、舌で味わう、そして肌に触れるという5つの感覚を持ち合わせています。
感覚は刺激となって、わたしたちの脳に情報として伝達され、伝達された情報は脳で判断され、必要なことを命令します。
五感のうち、嗅覚は特殊な感覚とも言われ、生物の進化においては最も早期に発達した原始的感覚で、アロマセラピーではこの嗅覚を用いるのがおもなものです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る