夏バテ予防の食事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い季節になるとからだがだるく、食欲がなくなることを夏バテと言っています。

からだは暑くなると汗を出すことで体温調節をしますが、
湿度が高すぎると汗の発汗ができずに、熱がからだにこもって疲れやすくなります。

体温の調節には水分をこまめに摂ることが必要ですが、
夏バテ負けないからだづくりも同時に大切です。

特に摂取したい栄養素は、ビタミンB1やB2ですが、
これらのビタミンは豚肉や豆腐に多く含まれます。

そして、ビタミンの吸収をよくするためには、
ご飯などの炭水化物や野菜を一緒に摂ることが大切です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る