加圧トレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 加圧トレーニングとは、腕や、大腿(太もも)をベルトで加圧して血流を適度に制御して行うトレーニング方法です。


 株式会社サトウスポーツプラザの佐藤義昭氏が考案し、日本をはじめ欧米各国で特許を付与されています。
 現在では、その効果に今ではスポーツ選手のトレーニングやリハビリ、ダイエット、運動不足の解消など、様々な分野で利用されています。
 加圧トレーニングは、腕や足の付け根をベルトで巻き、適度に血流を抑制する状態で軽度の運動をすることにより、低負荷の運度で、高負荷の運動と同様の効果(筋肉をつける、筋力アップなど)が短期間・短時間で得られるという、画期的なトレーニング方法です。
 加圧トレーニングを行うと、血流が適度に制限され、毛細血管が活性化されます。そして疲労物質である乳酸が溜まりだし、その後それにより成長ホルモンの分泌の促進が始まります。
 専用のベルトを外した後、成長ホルモンの分泌は、なんと通常の約290倍にまで高まります。
 そして成長ホルモンは、体脂肪を分解し、筋肉合成を起こします。
 成長ホルモンの分泌を促進すると共に様々な医学的、生理学的効果が得られるため、医療、健康、スポーツ分野に限らず、航空宇宙医学分野においても注目されています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る