加圧トレーニングのメカニズム・効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 腕と脚の付け根を専用ベルトにより加圧(適切な圧力で締める)した状態でトレーニングを行うことによって、成長ホルモンの分泌を促進し、軽度の運動で激しい運動をしたのと同じ効果を得ることができる画期的なトレーニング方法です。


 この加圧トレーニングは、最大筋力の30%~40%程度で行います。
 筋トレというと、最大筋力を出さないと筋肉が発達しない、というのが定説ですが、このトレーニングでは、軽い動きによって、同じ効果を得ることができるのです。
 人気TV番組の「スパスパ人間学」で「ヤセる&若返る 筋トレダイエット」として放送されたことでこのトレーニングを知った人も多いかもしれませんね。
 成長ホルモンとは、子供から大人に成長するために体の機能の発達を促すホルモンです。
 作用として、脂肪を分解し、筋肉を作り、更に免疫力のアップ、美肌効果(皮膚の弾力の増加)、視力の回復、骨密度の上昇、ケガや手術後の回復期間の短縮、などという様々な効果があります。しかし、この成長ホルモンは、20才をピークにどんどん現象してしまいます。
 加圧トレーニングによって、血流を制限し運動を始めると、血液が足りなくなって、疲労物質である乳酸がどんどん溜まり始めます。乳酸は「疲れた」と感じる時の筋肉の代謝産物です。
 この状態になると、体は自然にSOSを出し、成長ホルモンの分泌を活性化させます。
 ベルトによって血流が制限され、筋肉の中が無酸素状態になった結果、成長ホルモンがたくさん分泌されたのです。
 こうして、軽度の運動で、激しい運動をしたのと同じような効果を短時間・低負荷で得ることができるのです。
 加圧トレーニングは、低負荷で大きな効果が得られるため、様々な用途に利用されています。
 スポーツ選手のトレーニングにはもちろん、一般の人のダイエット、筋肉増強、また、入院して体力の低下したお年寄りや寝たきりの人などにも利用され始めています。
 加圧トレーニングには、専門の指導員の指導を受けることが必要です。
 自己流で締めすぎたりすると、逆に筋肉が減少してしまうこともあるそうです。気をつけましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る