筋肉トレーニングの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筋肉トレーニングを効果的に行うには、いくつかの方法があります。
 筋肉トレーニングの効果的しくみが「超回復」です。


 筋肉の強化といっても「筋肥大」「筋持久力向上」の2つがありますが、ここでは筋肉を大きく太くする「筋肥大」に関するお話しです。
 筋肉トレーニングでは、日常生活ではほとんど持つことのないような高重量を上げ下げするのが基本ですが、このような動作を繰り返すと、筋繊維は摩擦で微細な傷を負ってしまいます。
 よって、筋肉トレーニング後、筋肉は筋肉トレーニング前よりもパワーダウンしてしまいます。
 しかし、その後休養することによって、筋肉の回復が驚異的なスピードで進み(約48時間から72時間)、その期間に、筋繊維は今までより太くなり、成長します。
 言い換えれば筋トレとは筋繊維に傷をつけなければ成長しないのですね。
 また、筋肉トレーニングによって筋肉が防衛されたことにより、今までと同じ重量でトレーニングをしてもなかなか傷がつきにくくなります。
 よって、さらに傷をつけ、筋肉を太くしていくには、少しずつ筋肉トレーニングの強度を上げていくことが必要となります。
 この繰り返しで逞しい筋肉へと変貌して行くのですね。
 また、自分がなりたい状態の筋肉をイメージしながらトレーニングする、というイメージトレーニングも効果があると言われています。
 筋肉トレーニングを専門に活動しているボディービルダー向けに、ボディビルコンテストというものがあり、世界大会や日本国内の大会も開催され、筋肉の大きさや美しさ、統制が取れているか、などによって順位が付けられます。
 一般に有名なボディビルダーでは、アーノルド・シュワルツェネッガーがおり、ミスター・オリンピア(ボディビルディング大会の世界最高峰)で7回も優勝しています。
 インターネット上などで様々なボディビル大会の参加者の画像が公開されていますので、それを見ながら筋肉トレーニングをしてみる、というのもいいかもしれませんね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る