チューブトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チューブトレーニングとは、もともとは病院やリハビリセンターなど医療機関でリハビリテーションプログラムのメニューとして利用されていましたが、簡単であることや応用範囲の広さ、またトレーニングを自分の筋力や体力に合わせ強度を自由に決められるため、スポーツ選手やスポーツ愛好家などアスリートのトレーニングプログラムにも利用されるようになりました。


 チューブトレーニングは、負荷の強度や方向を自由に自分でコントロールすることができます。
 また、チューブトレーニングでは、ゴムの張力に逆らってゴムをどれだけ引っ張ったか、その長さで負荷が決まります。
 つまり、スポーツトレーニングやリハビリ目的の他にも、個人に合わせて、運動不足対策やストレスの解消、体力・筋力の維持、など自分のペースで無理なくを行うことができます。
 また、トレーニングチューブは、他の筋肉トレーニングなどに使うダンベルなどと違い、軽量で持ち運びにも便利なので、旅行や出先などに持って行き、空いた時間にトレーニングを行うことができます。
 空いた時間で手軽に、自分にあわせてトレーニングができるのが便利というわけですね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る