チューブトレーニングの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チューブトレーニングは、他の筋肉トレーニングなどのように準備が必要だったり、トレーニングジムに通ったりする必要がなく、簡単・手軽に行えることが特徴です。


 また、トレーニング強度を、その日の体調や個人の体力に合わせて行うことができます。
 また、バーベルやダンベルなどでは、重力に抵抗する「上げる」「下げる」などの動作が中心となりますが、チューブトレーニングでは、重力に関係なく、様々な動作を、1本のチューブでできるところが優れています。
 誰でも、自宅で手軽にできるトレーニングですから、無駄なお金を使いたくない人にもピッタリです。
 チューブトレーニングなら、ジムの使用量や交通費ウェア代などの出費を抑えることができます。月々数千円~数万円を倹約できるのは嬉しいですね。
 また、怪我や故障なしでトレーニングがしたい場合、チューブトレーニングでは故障のリスクが比較的低いので安心です。
 また、チューブトレーニングのもう一つの特徴としては、チューブが伸びるほど負荷は比例的に増大するということです。
 動作の速さはあまり問題ではなく、いかに伸ばすか、ということが運動強度にかかわってきます。
 ですから、あまり体力のない若年層や中高年のトレーニングには、自分に応じて負荷を決定でき、さまざまな方向から負荷をかけられるチューブトレーニングがお勧めできます。
 尚、チューブトレーニングは元々リハビリ用に開発されたものなので、体を鍛えるための目的としては不向きだと言われています。
 しかし、現在では、色々な種類のチューブも発売されており、負荷の小さいソフトタイプと負荷の大きいハードタイプがあるので、筋力アップを目的とする場合などはハードタイプを選べばよいでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る