サーキットトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サーキットトレーニングとは、サーキットトレーニングとは、色々な種類の筋力トレーニングを1セットにし、1セット行ったら休憩を入れずに次の1セットを行うというトレーニング方法のことをいいます。


 主に、スポーツ選手の基礎体力の向上などを目的として行われています。
 サーキットトレーニングがウェイトトレーニングと異なる点は、一つの種目と次の種目の間に休息をとらないことです。
 このようにサーキットトレーニングではトレーニングを始めた時から終わる時まで、ずっと持続して負荷が加わることになります。このことが、筋力の増大と同時に全身の持久力の養成につながるのです。
 サーキットトレーニングは開始から終了まで休憩を入れないので、大変なトレーニングだと感じますが、ウェイトトレーニングのような過負荷をかけたりせず、時間当たり、自分の最高回数の40%~50%という楽な運動を、休息を入れずに続けて行うことになります。
 設定回数やトレーニング内容は、年齢や男女の別、目的によって、個人にあったメニューを設定し行います。
 最近では、国が「介護保険」において2006年から「介護予防」を重視したシステムをスタートさせていることもあり、スポーツジムでも、中高年を対象としたサーキットトレーニングのメニューを実施しているところも多いようです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る