サーキットトレーニングの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サーキットトレーニングは時間内にどれだけの回数を、休憩を入れずにこなすことが出来るかで効果が現われるので、大きな負荷をかけすぎるとすぐに疲れてしまい、効果を期待できません。


 そのため、サーキットトレーニングでは、30秒~1分の一定の時間内に、ある種目が何回出来るかを測定し、その 40%~50% の回数をトレーニングの目安とします。すなわち、比較的軽い負荷のものを速いスピードで行うということが大切です。
 また、サーキットトレーニングが他のトレーニングと異なる点は、1セットのトレーニングにかかった時間によって、効果の判定を行うことです。
 トレーニング開始前に、所要時間を測定しておき、その後トレーニングによって体力がついた結果、所要時間が短縮され、トレーニング効果が判定できます。
 内容に組み込む種目は、自分のスポーツや必要性にあった運動を選びます。
 1セットの種目は6~12項目決定します。
 1/3ぐらいはそのスポーツに必要なフォームを取り入れた種目を入れるようにします。
 内容は様々で、ジョギング、スクワット、腕立て伏せ、腹筋、つま先立ち、ジャンプ、などを組み合わせることが多いようです。
 種目は、同じセットを何回も繰り返して行うため、同じ部分を鍛える運動種目が重ならないように決定します。
 トレーニング開始前には、各種目の1つづつを正確に行えるように、1つづつ練習します。また、各種目の最高反復回数をメモしておき、その1/2を実際のサーキットトレーニングの際のノルマとします。
 トレーニングの総時間はトータルで10~20分で収まるようにします。
 トレーニングの目標時間は、最初に自分のペースで行った際の所要時間を20~30%ぐらい短縮した値を目標とします。
 また、種目は、3~4ヶ月で変えていきます。
 また、中高年や虚弱者の場合は、軽い負荷、軽いノルマからスタートするようにします。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る