メンタルトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メンタルトレーニングとは、スポーツ科学に分類されるスポーツ心理学の一分野で、スポーツ選手が、試合の場面などで最高の能力を発揮したり、練習の質を高めるために心理学的なトレーニングを行うことです。


 スポーツ心理学はアメリカで 1920年代から研究が始まり、1970年代にはアメリカ国内に広く行われるようになりました。
 現在では世界各国にも普及し、広く行われるようになっています。
 メンタルトレーニングは、現在ではスポーツにおいてよりよい成績を収めるために、必要不可欠なもの、という認識が一般化してきています。
 また、オリンピックなど、大きなプレッシャーがかかるトップレベルの大会では、メンタルトレーニングが重要な意味を持ってくると言われ、各国のトップレベルのアスリートやプロスポーツ選手は決まってメンタルトレーニングも実施していると言われています。
 試合の一瞬にいかに実力を出し切るか、というのは、メンタルトレーニングにかかっているというわけです。
 また、練習時においても、イメージトレーニングなどにより、練習の質を高め、上達を早くする効果もあると言われています。
 現在日本では、平成12年4月、「日本スポーツ心理学会」において、「スポーツメンタルトレーニング指導士(補)」の資格認定制度が発足され、「大学院でスポーツ心理学あるいは関連領域(体育・スポーツ科学、心理学など)を専攻し修士号を取得した人」に対して、実際の指導経験が十分だと認められた指導員に対して審査し、認定を行っているということです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る