メンタルトレーニングの主な内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メンタルトレーニングの一例としては、主に以下のようなものがあります。
 「リラクゼーション」
 「目標設定」
 「イメージトレーニング 」
 「集中」
 「ポジティブシンキング(プラス思考)」
 「試合に対する心理的準備(シミュレーション)」


 「リラクゼーション」
 とは、呼吸法や自律訓練法を取り入れ、緊張したときでもリラックスできるようトレーニングします。
 「目標設定」
 実現したい記録や時期などを決め、そのために今何をすればいいかを明確にし、プランをつくります。ビジネスの分野でもよく行われています。
 「イメージトレーニング 」
 試合などで自分が最高の能力を発揮している場面をイメージしたり、苦手な意識を払拭し、克服しているところを心理面からイメージし結果を出します。
 「集中」
 心理的トレーニングによって、集中力を高め、試合や練習などで自分のベストの能力を発揮できるように訓練します。
 「ポジティブシンキング(プラス思考)」
 いかなる時でも自分の能力を十分に発揮できる精神状態を保つために行います。
 試合などで窮地に追い込まれた時など、いかにプラス思考を持って、展開を引っくり返すか、ということが迫られることもありますが、そのような場合に実力を発揮するのに効果的です。
 「試合に対する心理的準備(シミュレーション)」
 試合で成功するために、シュミレーショントレーニングや遠征先の環境の準備、対戦相手に対して勝つプラスイメージトレーニングなどによって、試合で最高のプレーができるようにします。
 メンタルトレーニングは、現在スポーツ選手のみによらず、その心理的アプローチがビジネスマンなどにも取り入れられてきています。
 皆さんも、メンタルトレーニングを、ビジネスやセルフコントロールなどに取り入れてみてもいいかもしれませんね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る