内臓脂肪を燃やそう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内臓脂肪は生活習慣病の元といわれます。一見ダイエットが必要なほど太ってるように見えない、つまり皮下脂肪がそれほどない人でも、意外に内臓脂肪はあるといわれます。


この内臓脂肪の方が、皮下脂肪のよりも悪玉といわれます。それは、糖尿病、血栓症、動脈硬化・高血圧症を引き起こす数々の物質を、皮下脂肪よりも多く産生しているからです。よって大事に至る前に、早く減らす=脂肪を燃やす必要があるのです。
ダイエットしてもなかなか強敵な皮下脂肪とは違って、実は内臓脂肪は、溜まるのも早いが減らすのも早い攻略しやすい相手。脂肪を燃やすのに最適なのは、有酸素運動です。有酸素運動でもっとも手軽なのは「歩く」ことです。
ただし、運動の持続時間が20分以上ないと脂肪の燃焼が起きないとされています。しかしこれは、確実に脂肪を燃焼できるという話ですから、まずは10分、15分歩いてそのトータルが、20~30分を超えれば効果が出てくるでしょう。
千里の道も、ダイエットの道も一歩からですね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る