和食でダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットメニューとして、優等生なのは和食です。和食は、煮物や酢の物、和え物や焼き物といった、ご飯を中心として油を使わない低脂肪、低カロリーな献立になっています。それに比べて洋食は、バター、生クリーム、オリーブオイルなど脂肪たっぷり。ダイエットを志すなら、まずは和食を選ぶようにした方がいいでしょう。


和食のご飯は、野菜や海藻など食物繊維の豊富な食材ともよく合います。食物繊維は体内の余分な脂肪を排出する働きがありますから、これまたダイエットメニューとして○ですね。
和食には麺類もあります。麺類で選ぶならそばがいいでしょう。カロリーそのものはご飯と変わらないのですが、ご飯の場合は、それだけ食べるのでは栄養的にかなり偏りのある食事になってしまい、副食を必要とします。その分摂取カロリーは高くなります。
しかし、そばは白米や小麦粉に比べてタンパク質含有量が多く、アミノ酸スコアが非常に高く、ミネラル、ビタミンも程良く含んでおり、そば単独で栄養バランスのとれてる優れた食品。また、そば粉には4~7%の食物繊維が含まれており、これは小麦粉の約2倍、白米の8倍以上です。
こうしてみると、日本人は昔からダイエットメニューの達人だったのかもしれないですね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る