自然食品と有機JASマーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 食品公害(食品添加物や、残留農薬による汚染)から身を守るため、近年、自然食品を求める消費者が増えてきているといいます。


 しかし、自然食品というのは名ばかりの、劣悪な食品が一部に流通していることも事実です。
 では、わたしたちはどのようにしたら“本当の”自然食品を見分けることができるのでしょうか。
 最も確実な方法は、有機JAS認定マークの付いている食品を選ぶこと。
 これは普通のJASマークとは違い、マークの形状としては、左側に太陽、右側に雲がデザインされ、その二つが重なり合っている部分が葉の形になっているものです。
 有機JASマークの生産基準に合格することは簡単ではなく、逆に言えばこのマークが付いている食品は、安心して食べることのできる自然食品であるということになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る