食物アレルギー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 食品によって引き起こされる「食物アレルギー」とは、消化吸収した特定の食品の成分に免疫が反応してしまうことによって起こるアレルギーのことをいい、アレルギー反応が起こる部位によって様々な症状が現われます。


 例えば、消化器では下痢、腹痛、嘔吐など、皮膚にはアトピー性皮膚炎、じんましんなど、呼吸器では気管支喘息などが引き起こされます。
 アレルギーを引き起こす原因物質のことをアレルゲンといいますが、食物アレルギーにおけるアレルゲンとしては、一般に牛乳・卵・大豆が“三大アレルゲン”として知られています。
 しかし他にも、青魚や貝、カニなどの魚介類、肉類、さらにはソバや米といった穀類などにアレルギー反応を起こす人もいます。
 原因となる食品を特定できたら、その食品を食事から除去することが、食物アレルギーの治療の基本となります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る