食物アレルギー対策食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 食品が引き金となって発症する食物アレルギー。その治療の基本は、原因食品の除去です。


 しかし、過度の食事制限は、食物アレルギーを持つ子供の成長を阻害することにもなり、「食べたいものを食べられない」というストレスを増大させることにもつながります。
 また、使える食材・調味料も非常に限られてくるので、食事を作る親の負担も大きくなります。
 そのような背景から、食品メーカーが“食物アレルギー対策食品”の開発に力を入れるようになりました。
 現在は、ヒエ、キビ、ハトムギなどの穀類の他、「小麦以外の穀類をベースにしたパンや麺類、クッキー、せんべい」、「小麦、卵、乳製品不使用のヒレカツ」「牛・豚肉の代わりに馬肉を使ったハンバーグやグラタン」「主要なアレルゲンを除いた離乳食」などの食品が一般に販売されています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る