食品と栄養

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 食品に含まれる“栄養”とは、生物が自分自身の生命を保ち、自己の体構成分を作り、また成長していくために、必要な成分を食品などから摂取することをいい、その摂取される成分のことを栄養素といいます。


 人間に必要な栄養素には、三大栄養素と知られる炭水化物・タンパク質・脂肪と、ビタミン、ミネラル(カルシウム・鉄など)の五種類に大きく分けられ、食品などから補います。
 食物は年齢,性別,労働条件などによって異なるエネルギー所要量を満たさねばならず、栄養成分の不足があると栄養失調となり、むくみ・脈搏の異常・貧血などの症状をきたすことになります。
 また、十分な量の食物をとっていても、その内容に偏りがある場合、特定の栄養素が不足するということも起こります。
 そのため近年では、普通の食品とは別に、サプリメントなどで不足しがちな栄養成分を補う人々が増えています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る