食品に含まれる三大栄養素の働き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 食品に含まれる栄養素(三大栄養素)は、それぞれ体内でどのような働きをするのでしょうか。


 乳製品や大豆などの食品に含まれる“タンパク質”は、筋肉・内臓など、体を作る栄養成分として重要です。
 人体の14~19パーセントはタンパク質からできており、これは水分についで多い割合です。
 穀類などの食品に含まれる“炭水化物”は、人間にとって大切なエネルギー源となる栄養成分です。
 消化によってブドウ糖などの単糖類に分解され、余分となった炭水化物は、グリコーゲンや中性脂肪のかたちで、体内に蓄えられます。
 バターや肉類などの食品に多く含まれる“脂肪”は、エネルギー源としても使われますが、ホルモンや細胞膜、角膜など、体を作る上でも大切な栄養素です。
 脂肪はとりすぎると体脂肪を増やす原因となります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る