特定保健用食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食品の中で最近よく聞く特定保健用食品(通称「トクホ」)とはいったい何でしょうか。


特定保健用食品とは、カラダの生理学的機能等に影響を与える成分を含んでいて、特定の保健の目的(血中コレステロールを正常化する、ミネラルの吸収を助ける等)が期待できることを表示できる食品のことをいい、トクホの制度は1991年に発足しました。
特定保健用食品は有効性と安全性について科学的な根拠、つまり動物やヒトなどへの試験で安全性の確認をしたということですが、これについての審査を受け、厚生労働大臣の認可を受けた食品なのです。認可を受けた食品はトクホマークがつけられています。
特定保健用食品はなぜ登場したのでしょうか。それは、現在の日本社会では平均寿命が延びる一方で、生活習慣病が増加しており、しかも成人だけでなく、子どもにも生活習慣病が増えているという現状があります。生活習慣病の原因として偏った食生活があげられますが、忙しい現代人には食生活の改善まではなかなか手が回らないもの。そこで、特定保健用食品が現れたのです。
特定保健用食品は手軽に入手できて、生活習慣病のリスクの低減・除去に役立つように工夫され、また、どうのような機能や効果があるのかの表示を義務づけられているので、素人でも判断できるように工夫された食品です。また、製品の表示だけでなく、広告等においても、許可又は承認を受けた内容を逸脱した表示をすることは認められないことになっています。
特定保健用食品で表示許可を受けているのは、2006年10月4日現在では597品目となっています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る