サプリメントの歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サプリメントの歴史は1975年にさかのぼります。アメリカでは医療費の爆発的増大によって国家の財政が逼迫し、医療改革の必要性が叫ばれました。


それを受けて、1975年にアメリカ上院に栄養問題特別委員会という調査機関が設置され、莫大な費用を投じて調査・研究が行なわれたのです。
1977年、研究結果のレポートがまとめられましたが、そこでは、「様々な慢性病は、肉食中心の食生活によるもので、医薬品では治らない」「ビタミン、ミネラルの不足が目立つ」といったことなどが指摘されていました。
このレポートは当時のアメリカ国民に大変なショックを与え、同時にサプリメントに対する関心を高めるきっかけともなりました。
そして1994年、「栄養補助食品健康教育法(DSHEA法)」が成立したことにより、米国のサプリメントは世界に広く認知されることになったのです。
DSHEA法では、サプリメントは医薬品と食品の中間にある“栄養補助食品”と法的に定義づけられています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る