ロハスとスローフード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロハスの広まりに伴って、ロハスの一環としてのスローフードに対する消費者の意識も高まってきました。


 「スローフード」とは、ローマにファストフード店が出来始めた1980年代半ば、従来の食文化の荒廃に危機感を抱いたイタリア人有志によって始まった、食に関する文化復興運動から来た言葉で、「ファストフード」の対語として使われています。
 スローフードによって、環境や健康が守られることから、ロハスにおいても、スローフードは重要なキーワードとなっています。
 ロハスとの関連も深いスローフードですが、スローフードの運動自体は、ファストフードを否定するものではなく、あくまでも伝統的な食文化や質の良い食品、そしてそれを扱う生産者(特に小規模な生産者)を守る目的で展開されています。
 ロハスな生活を送る上では、ぜひスローフードも視野に入れて考えてみたいですね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る