糖尿病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活習慣病のひとつに糖尿病があります。
糖尿病とは、血糖値が高くなる病気のこと。血糖値とは、血液中のブドウ糖の量のこと。糖尿病になると、ブドウ糖が本来エネルギーを必要としている細胞の中に運ばれず、血液の中にあふれるようになり、血糖値があがるわけです。


糖尿病は、インスリンという血糖を下げるホルモンが足りなくなったり、うまく作用しなくなって生じる病気です。
糖尿病にはいくつかタイプがあります。膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起きる1型糖尿病。これは子供の頃に始まるころが多く、小児糖尿病ともいわれてました。
日本の糖尿病の95%以上を占めるのが、2型糖尿病。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多いケースで、インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものです。
その他、遺伝子異常や副作用としての糖尿病、妊娠糖尿病というのがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る