アスペルガー症候群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アスペルガー症候群とは、自閉症の一つのタイプで,LD(学習障害)や知的障害と同じ発達障害というグループに属しています。


 「知的障害がない自閉症」とされ、認知や言語発達など、知的に遅れのある人はほとんどおらず、「高機能自閉症」とも言われています。
 アスペルガー症候群の病状は、「社会性」「コミュニケーション」「想像力」の3つの特徴を持ちます。
 「社会性」とは、他の人と一緒にいるときに、どのように振る舞うべきかと、ということです。
 「コミュニケーション」とは、自分の思っていることをどう相手に伝えるか、相手の言いたいことをどう理解するか、ということです。
 「想像力」とは、ふり遊びや、見立て遊び、こだわりと関係し、この子供は、想像力が欠如しているために、想像力の必要な「自分が○○だったら」というような「ふり遊び」の少なさ、融通の利かなさ、に現れ、コレクションや反復的行動、融通のきかなさとして現れます。
 上記のようなことから、アスペルガーの人は高い知能と社交能力の低さを併せ持つと考える人もいます。
 当初はまれな障害とみられていましたが、最近の研究では,200~300人に1人の割合で存在するらしいということがわかってきています。
 原因は親の育て方などではなく、出産時や出生後など早い時期に、何らかの理由で脳の一部に障害が生じたのだろうと考えられています。
 「アルバート・アインシュタイン」や「トーマス・エジソン」「ビル・ゲイツ」「織田信長 」もアスペルガー症候群であったと言われています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る