月経前症候群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 月経前症候群とは、PMS(Premenstrual Syndrome)とも呼ばれ、女性の生理の約2週間前から起こる様々な不調のことを言います。


 この不調は、一般的に、排卵から月経開始までの時期に現れ、黄体ホルモンの影響によると言われています。
 月経前症候群の症状としては、身体的症状と精神的症状に分けられ、その病状には大きな個人差があります。
 身体的症状としては、腰痛、下腹部が張る、頭痛、乳房が痛い・張る、疲れやすい、眠くなる、肩こり、めまい、手足の冷え、むくみ、のどがかわく、ニキビができやすい、肌荒れ、化粧のノリが悪い、食欲が増す・なくなる、下痢・便秘、おりものが増える、カラダがスムーズに動かない、など。
 精神的症状としては、イライラ、攻撃的になる、怒りやすい、無気力、うつ状態となる、能率が低下、気分の変化、いつも通り仕事ができない、女性であることが嫌になる、人付合いが悪くなる、など。
 同じ症状が、周期的に現れ、また、症状は、排卵から月経前の「黄体期」に出現し、月経終了後の卵胞期には消失する、ということであれば、「月経前症候群」とされます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る