月経前症候群の治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 月経前症候群(PMS)の治療には、食事とストレス対策が必要です。
 様々な栄養素が不足すると、月経前症候群の病状がひどくなると言われています。
 バランスのとれた食事をし、規則正しい生活をしてストレスをあまり溜め込まないようにしましょう。


 食事としては、バランスの取れた食生活をしている人では、月経前症候群の病状が軽い、というデータがあります。
 また、月経前症候群の前にはむくみやすくなるので、塩分控えめにしましょう。
 また、以下のような食べ物は、月経前症候群を悪化させると言われています。
 「カフェイン」イライラ、抑うつなどの精神症状を悪化させるといわれています。コーヒー、チョコレートは控えめにしましょう。特に、チョコレートは月経前症候群に良くないと言われています。
 「アルコール」月経前症候群の時期には、いつもより少しのアルコールで酔いやすくなります。二日酔い・悪酔いもしやすいそうです。
 「タバコ」も月経前症候群を悪化させると言われています。
 また、それ以外では、
「セントジョンズワート」は気分を落ち着かせる働きのあり、安定した精神状態を保つ作用があります。
「カルシウム・マグネシウム」月経前症候群の症状の緩和に大変有効であるとされています。
「チェストベリー」はホルモン群を調整する作用があるため、月経前症候群に効果があると言われています。
「大豆イソフラボン」も女性ホルモン様の働きのあり、有効です。
その他、「ビタミンB6」「γ-リノレン酸」なども有効だといわれています。
 月経前症候群はストレスと強い関係があると言われています。
 仕事などでできるだけストレスを溜めないようにするほか、病状のひどい人は、病状を周囲の人に言っておくこともいいでしょう。
 また、自分の状態の変化をメモしておくことで、事前に心の準備ができるだけで、かなり楽になります。
 尚、特に病状がひどい人は、「心療内科」などで一度相談してみたほうが良いでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る