過敏性腸症候群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 過敏性腸症候群とは、腹痛と便通異常を主体とする消化器症状が続くが、その原因として身体的な検査をしても器質的な異常がなく、機能面での異常だけが認められる病気です。


 病状には、「下痢形」「便秘形」「下痢・便秘交互型」があり、日本人では多くみられる病気で、 約10%の方が過敏性腸症候群の症状を持っているとも言われています。
 また、女性の方が男性の3倍多く起こります。
 原因は主にストレスで起こり、「下痢や便秘を繰り返したり、またはどちらかが頻繁に起こる」「便意はあるのに、排便がないか、ゆるい便が少量しか出ない」「腹痛を伴い、下痢や便秘が起こる」「おならがよく出る」などの症状があります。
 ストレスによって、不安や精神的圧力などを受けると、脳から自律神経を伝わって、胃や腸などに伝達され、胃腸の機能的な異常を起こしていると考えられています。
 発作はほとんど常に、目覚めている時に起こり、寝ているときに起こることはありません。
 また、高カロリー食や、高脂肪食が原因となることもあります。
 急いで食べたり、長い間何も食べなかった後に食べたりすると、過敏性腸症候群の発作が起きることがあります。
 人によっては、すぐトイレに行きたくなるので電車に乗れない、学校・会社に行けない、などの深刻な悩みを持っている人もいます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る