ギラン・バレー症候群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ギラン・バレー症候群とは、急性炎症性脱髄性多発神経根炎(AIDP)とも言われており、筋肉を動かす運動神経が傷害されて、両手両足に力が入らなくなる病気です。


 あらゆる年代に発症しますが、20~30代、60~70代に発症者が多いと言われています。
 ギラン・バレー症候群は稀な病気であり、年間の発病率は10万人当たり1~2人程度とされます。
 約2/3の患者さんが、発病の1~2週前に風邪をひいたり下痢をしたりしています。
 手足のマヒの程度は発病してから1~2週以内にもっともひどくなり、重症の場合には呼吸もできなくなります。
 手や足の先が痺れたり、感覚が鈍くなったり、筋力が低下、筋肉が萎縮し始めます。これらの症状は、四肢の末端からしだいに全身に広がります。
 ギラン・バレー症候群は、急速に筋力が低下する急性型と筋力低下が徐々に起こる慢性型の2つのタイプに分かれます。
 現在のところ、はっきりとした原因はわかっていませんが、風邪をひいたり下痢をしたりした際に、血液中にできる「抗体」が誤って自分の運動神経を攻撃するような「自己抗体」ができ、その「自己抗体」が運動神経の機能を障害して手足の筋肉が動かなくなる、という機序が明らかにされつつあります。
 予後は比較的良好で、30%の人は一年以内に完全回復するようですが、完全回復したと思われても、持久力の低下が見られる人が多いようです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る