ネフローゼ症候群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネフローゼ症候群とは、腎臓病の1つで、蛋白尿、低蛋白血症、高コレステロール血症、浮腫(まぶたや手足のむくみ)を生じる病態です。


 腎臓の糸球体に障害が起こり、多量のタンパク質が尿に漏れ出てしまうことによって起こります。
 また、顔や手足に浮腫ができる、胸水、腹水がたまる、尿が出にくくなり、腎機能の障害、血圧の低下を認めることもあります。
 糸球体基底膜の高分子蛋白の透過性亢進により高度の蛋白尿が認められ、このため低蛋白血症となります。浮腫の原因としては、大量の蛋白尿喪失による血漿膠質浸透圧の低下や循環血漿量の増加などが考えられています。
 腎臓機能の低下が進むと尿毒症の症状がでてきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る