エコノミークラス症候群の予防法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エコノミークラス症候群は、エコノミークラスの飛行機のみで起こるわけではありません。エコノミークラスでの発生報告が特に多いのは、ビジネスクラス、ファーストクラスに比べて、座席の間隔が狭く、体の動きが制限されていることに関係があるようです。


 また、飛行機以外でも、長距離バス・列車・自動車・船・パソコンなどで、長時間一定の姿勢を続けることで、同じように危険があります。
 対策としては、まず、できるだけ体を動かすようにして、定期的にトイレなどで席を立ったり、手足を動かしたり、ストレッチをする、などが有効です。
 できれば1時間に1回は足の運動をしましょう。
 また、飛行機内は乾燥しているため、水分を5時間で1リットルを目安に飲みましょう。
 また、アルコールやカフェインは、利尿作用により体内の水分を減らし、エコノミークラス症候群が発症しやすくなるため控えましょう。
 また、足に静脈瘤のある人、足の手術を受けた人、血液凝固機能に問題のある人、肥満者、妊娠中の人、高齢者、喫煙者などは特にエコノミークラス症候群にかかりやすいといわれています。
 また、飛行時間が7~8時間上で発生頻度が高くなり、15時間以上では危険だと言われています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る