胸郭出口症候群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 胸郭出口症候群とは、神経や血管が、胸郭の出口から出る近辺で骨や筋肉の変位によって圧迫されるために、首、肩、腕などに症状が出る病気です。


 「胸郭出口」とは、「鎖骨」と「一番上の肋骨(第一肋骨)」と「斜角筋」が造るすき間のことです。
 病状としては、「手指の痺れ」「重たいものを持ったり、腕を上に挙げると痺れが強くなる」「肩から指にかけての痛み・しびれ」「首・肩から肩甲骨・上肢部が痛い・重い・だるい・こわばりがある」などの症状が出ます。
 手を上げたり重いものを持つと痛みが増すことも多いです。
 また、自律神経様症状を訴えることも多くあります。
 また、胸郭出口症候群では、肩や腕がしびれ、血行障害をきたす場合もあります。
 上肢の神経は、脊椎椎間孔から脊椎管の外へ出ます。腕、手へいきます。
 腋の下を通過するまでに、筋肉や鎖骨と肋骨の間などとても狭いところを、腕に行く血管と一緒に通過します。
 女性などで「なで肩」の人は、この通路が特に狭く、病状が起こりやすくなります。
 このようにして、神経・血管が圧迫されて起こるのが、胸郭出口症候群です。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る