大腸がんの原因と予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大腸がんが近年急増しつつある背景には、食生活の変化があると考えられています。この数十年の間に、日本人の食生活は、かつての低脂肪で食物繊維の多い“和食”から、欧米型の高脂肪・低食物繊維の食事へとシフトしてきました。


しかし、脂肪の多い食品を摂取すると、腸内で胆汁酸や腸内細菌の働きにより発がん物質が発生します。この発がん物質が、大腸がんの原因の一つではないかと考えられています。
また、食物繊維の不足も、大腸がんの増加と深い関係があるといわれています。世界保健機関(WHO)に所属する国際がん研究機関の調査によると、食物繊維の摂取量が高いグループは、低いグループ と比べて、大腸がんの発生リスクが25%低かったといいます。
脂肪を控え目にし、食物繊維を多くとることで、大腸がんの予防に努めたいものです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る