前立腺がんの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前立腺がんは、50歳以降の男性に多いがんです。前立腺がんは、進行してくると、頻尿、尿が出にくくなる、尿の勢いが弱まる、血尿が出るといった症状が現われてくるようになります。これらの症状は前立腺肥大症とよく似ています。


前立腺がんの特徴は、骨に転移しやすいということ。前立腺がんが背骨や骨盤などに転移すると、激しい腰痛を引き起こします。
ところで、前立腺がんの初期段階は自覚症状がほとんどなく、そのため以前は「発見されたときにはすでに転移が進んでいた」――ということも少なくありませんでした。
しかし、現在ではPSAと呼ばれる検査で早期発見が可能になっています。50歳以上の男性は、年に1回はPSA検査を受けるようにするとよいでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る