がん保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がん保険とは、保障の対象を“がん”のみに絞った医療保険のことです。


そのため、広範囲の病気やケガなどを対象とする一般の医療保険に比べて、がん保険は保険料が安くてすむという特徴があります。
また、一般の医療保険では、入院一回あたりの保険金の給付日数に、60日、120日、1000日といった制限がついていますが、がん保険にはこの給付日数に制限がないので、入院が長引いたとしても安心できます。
通算給付日数についても、一般の医療保険には700日、1000日といった制限があるのに対し、がん保険には制限がありません。
このようにメリットの多いがん保険ですが、保障の対象ががんのみに限られているので、あくまで補助的に加入すべき保険であるといえます。
なお、過去に一度でもがんと診断されたことのある人は、がん保険に加入することができません。
保険開始日から90日以内に、がんであると診断された場合も、保障の対象外となります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る