すい臓がんの治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すい臓がんの治療の中心となるのはやはり手術ですが、手術を行なっても5年生存率は10~20パーセントと低く、しかも、1年以内に再発する率が非常に高いという特徴があります。


すい臓がんの手術は、がんの広がり方によって、すい臓を部分的に切除する場合と、全部を摘出する場合とがありますが、すい臓を全部とってしまった場合、体内でインスリンというホルモンを作れなくなってしまうため、術後その人は“糖尿病”になります。
ですので、すい臓を摘出した後は、生涯インスリンと、それからすい臓で作られる消化酵素を外から補わなければならなくなります。
すい臓がんの化学療法には「ジェムザール」という抗がん剤などが有効とされており、これを手術のできない進行性すい臓がんの患者に投与することで、延命効果を上げています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る