皮膚がんの種類と特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皮膚がんは、大きく分けて“表皮がん”と“悪性黒色腫(メラノーマ)”の2種類があります。


表皮がんは、がんのできる位置によって「基底細胞がん」と「有棘細胞がん」に分けられますが、いずれも高齢者に多く、進行が比較的ゆっくりで、転移もしにくいことが特徴です。
一方の悪性黒色腫の方は、その名の通り悪性度が高く、転移しやすい皮膚がんです。
悪性黒色腫を切除せずに放置すると、リンパ節に転移することが多く、さらには脳や肝臓などの重要な臓器にも転移が広がっていきます。
悪性黒色腫は、「メラノサイト」と呼ばれる、メラニン色素を作る細胞や、ほくろの細胞ががん化したものと考えられています。
皮膚がんは、皮膚にできるので発見しやすいものですが、ほくろと間違えやすいので注意が必要です。
ほくろが急に大きくなる、ほくろの形がいびつで色にムラがある、「ほくろから出血がある」といった症状があるときは、皮膚がんを疑ってみる必要があります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る