抗がん剤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗がん剤とは、がんの化学療法で用いられる薬剤で、主なものとして代謝拮抗剤、アルキル化剤、白金製剤、抗がん性抗生物質、植物アルカロイド、分子標的治療薬などが知られています。


がんには、抗がん剤だけで治るがんもあれば、抗がん剤がほとんど効かないがんもあります。
抗がん剤が顕著に効果を発揮するものにはウィルムス腫瘍、小児性急性白血病、絨毛がんなどがあります。
その一方で、胃がんや大腸がんなどの“固形がん”には十分な効果を期待できません。
また、抗がん剤には“耐性の問題”があります。これは、いったんは効いた抗がん剤が、長い間使い続けるうちに、がん細胞に薬剤耐性ができてしまい、効かなくなるというものです。
そのような場合は、抗がん剤を別のものに切り替えなければなりません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る