抗がん剤の副作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗がん剤治療は、多くの場合強い副作用を伴います。


代表的な症状としては、脱毛、吐き気、食欲不振、下痢、便秘、倦怠感、それに肝機能障害や腎機能障害、膀胱炎などが知られています。
どのような副作用が起こるかは、使用する抗がん剤の種類だけでなく、患者の状態によっても変わってきます。
抗がん剤は、その副作用を緩和するために、吐き気をおさえる制吐剤なども合わせて処方されることがあります。このように副作用を抑える治療は支持療法と呼ばれます。
抗がん剤というと、強い副作用というイメージから、その使用を躊躇する人もいるかもしれません。
しかし、抗がん剤の効果は決して低いものではなく、劇的にがんが縮小・消失するケースも少なくありません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る