肺がんの原因と予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肺がんの発生は、喫煙の習慣が大きく関係していると考えられています。調査では、喫煙者は非喫煙者に比べ、肺がんによる死亡率が4.1倍、喉頭がんでは20.3倍にもなるという結果が出ています。


しかも、たばこを吸っている本人だけではなく、副流煙(タバコの先から出る煙)を吸った人も、肺がんになる危険性が高くなります。
このように見るなら、肺がん予防は禁煙が第一ということになるでしょう。
タバコの他に、大気汚染も肺がんの原因の一つと考えられています。また、職業上、気道に刺激を与える薬剤などを扱っている人も、肺がんに罹患する率が高くなるといわれています。
肺がんの早期発見のために、40歳を過ぎたら少なくとも年に1回、できれば2回ほど定期検診を受けるようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る