腎臓がんの治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


腎臓がんの治療は、転移の可能性がある限り、腎臓を全部摘出する手術を行なうのが一般的です。
腎臓は一つ残っていれば腎機能に支障はなく、摘出しても体に大きなダメージは残りません。
最近では、腎臓全体を摘出するのではなく、がんとその周辺のみを部分的に切除する手術も行なわれていますが、これは初期のがんに限られます。
なお、抗がん剤や放射線治療は、腎臓がんに対してはあまり有効ではありません。
ところで現在、腎臓がんの新しい治療法として“凍結療法”と呼ばれるものが注目されています。
これは、腹部に小さな穴を開けて針を刺し、針先を超低温にすることでがん細胞を凍結させて殺すという治療法です。
凍結療法は、腎臓がんだけではなく、肝臓がんや乳がんなどにも用いられています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る