甲状腺がんの種類と特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺がんとは、のどぼとけのすぐ下にある“甲状腺”にできるがんのことです。


甲状腺がんは20~50歳の女性に多く、子供がかかることも珍しくありません。
また、頭や首に放射線治療を受けたことのある人は、そうでない人よりも甲状腺がんになりやすいといいます。
甲状腺がんは、「乳頭がん」「濾胞がん」「髄様がん」「未分化がん」の4種類に大きく分類されます。
このうちの、乳頭がん、濾胞がん、髄様がんの三つは比較的おとなしい性質で、治癒率も高いという特徴があります。
一方、未分化がんは、発生率はわずかですが悪性度が高く、初期から全身倦怠感や体重減少などの症状が現われ、急速に全身に転移するというやっかいなものです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る