卵巣がんの診断と治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

卵巣がんは他のがんと異なり、詳細な診断のために開腹手術が行なわれます。


これは“ステージング手術”と呼ばれ、この手術によってがんが良性か悪性か、またどれくらい広がっているかを知ることができます。
卵巣がんの治療は、手術によってがんを取り除き、それに抗がん剤を併用するという方法が一般的です。
卵巣がんは、抗がん剤がよく効くがんの一つで、特に“シスプラチン”と呼ばれる抗がん剤がよく用いられます。
抗がん剤は、手術で取りきれなかったがんを治療するために、手術後に投与されることが多かったのですが、最近では、手術前にあらかじめ抗がん剤を投与し、「がんを小さくしてから手術する」という方法もとられるようになっています。
なお、放射線治療は、卵巣がんにはあまり有効ではありません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る