がんの三大治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がん治療の代表的なものとして、手術、放射線治療、化学療法の三つがあります。


手術は、がんに冒された患部を切除するという治療法で、がん治療の主力として知られていますが、患者の肉体的・精神的負担が大きいという欠点もあります。
放射線療法は、手術と違い、皮膚を切開する必要はなく、また臓器を温存できるという長所を持っています。
しかし、放射線はがん細胞以外の正常細胞にも大きなダメージを与えるという欠点も併せ持っており、がんの種類によっては放射線治療が有効でないものもあります。
化学療法は、抗がん剤などを用いる療法です。がんの種類によっては、抗がん剤だけで治癒してしまうものもあります。
また化学療法は、手術前にがんを小さくしておいたり、術後の再発を防ぐという目的でも用いられます。
抗がん剤には副作用が強いという欠点があり、脱毛、吐き気、食欲不振、便秘、さらには肝機能障害や心障害といった症状が起こってきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る