がん治療の最前線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がん治療といえば、一般に手術、放射線治療、化学療法の三大療法が知られていますが、近年、これら以外にも様々な治療法が行なわれるようになっています。


有名なものとしては、人体の免疫機能を上げることによってがんをおさえる「疫療法」、放射線を放つカプセルなどを体内に埋め込むことで内側からがん細胞に放射線を照射する「小線源療法」、放射線の一種である重粒子線を用いてがんを治療する「重粒子線治療」、がん細胞を凍らせて殺す「凍結療法」、放射線ではなく超音波を使ってがん細胞を叩く「高密度焦点式超音波治療(HIHU)」などがあります。
この他に、中国医学の漢方薬や、中国の健康法として知られる「気功法」をがんの治療に持ち込むといったことも一部の病院で試みられており、一定の効果を上げているといいます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る