健康診断とガン検診

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康診断とは、病の早期発見を目的として行なわれる総合的な検査のことで、多くの場合、学校、事業所、地域など、一定の集団を対象として実施されます。


健康診断における検査内容には、問診、血圧測定、検尿、血液検査、レントゲン撮影などがあります。
このような総合的な健康診断以外に、胃ガン、肺ガン、子宮ガン、乳ガンなどについては、市町村と保健所によってガン検診が行なわれており、それぞれに応じた検査が行われます。
たとえば、胃ガン検診においては胃部レントゲン撮影、乳ガン検診では、胸部の視触診やマンモグラフィ撮影、子宮ガン検診では子宮頚部細胞診などが行われており、異常が発見された場合は、さらに精密検査が必要になります。
日本におけるガンでの死亡率の低下は、健康診断やガン検診の普及によるものが大きいといわれています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る