子供と病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気にかかった場合、子供は成人に比べ、体の発達が未熟であり、免疫力も十分でないことから、急に発病し、病状の進行も早いという特徴があります。


子供の健康状態には絶えず親が気を配り、少しでも異常を感じたら、できるだけ早く病院に連れて行くようにしましょう。また、こまめな検診で病気の早期発見を心がけることも大切です。
定期検診は必ず行き、問題があれば、手遅れになる前にきちんと処置しなければなりません。
ところで、子供の病気予防のために各種予防接種が行なわれていますが、例えば日本脳炎の予防接種については、呼吸困難に陥るほどの重い中枢神経症状を起こす事例があり、それを受けて、平成17年厚生労働省から日本脳炎の予防接種を差し控えるよう勧告が出ました。こういった最新の医療情報にも常に目を通しておきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る